コラム

ノーベル賞①

ノーベル賞①

2016/10/25 考える知識


 先日、大隅良典氏が細胞内におけるタンパク質のリサイクルであるオートファジーの解明で、ノーベル生理学・医学賞を受賞されました。3年連続での日本人受賞ということもあり、話題になりましたね。

 しかし、そもそもノーベル賞ってどんな賞なのでしょうか?

 昔、スウェーデン人のアルフレッド・ノーベルが画期的な爆薬を発明しました。簡単に大きな威力を発揮するその爆薬は「ダイナマイト」と名付けられ、建物の解体などに役立てられるはずでした。しかし、ダイナマイトを手に入れた人類はそれを戦争に使ったのです。たくさんの死者が出て、ノーベルはなじられました。彼はショックを受け、「自分の死後、科学や平和に貢献した人物に賞を贈ってほしい。私がダイナマイトで手に入れた富はその賞金に当ててほしい。」と遺書を残して亡くなりました。

 ノーベル賞には、ノーベルの平和への願いがこめられているのですね。


...続きを読む
最強の問題集

最強の問題集

2016/10/17 スタッフコラム

 

最強の問題集

 

講師 薮田弥歩

 

世の中にはたくさんの問題集が出回っています。どれを買ったらいいのか、途方にくれる方も多いのではないでしょうか。もし、自分の弱点を徹底的に分析した問題集があったなら、それほど最強の問題集はないでしょう。しかし、最強の問題集は簡単に手に入れることができます。学校や塾で配られた手持ちの教材で。

 

その方法は、問題を解くたびに〇✕△を書いておく、ただそれだけです。一通り解いたら、✕と△だけ復習します。〇になるまで復習します。一度解いて記号をつけたら、2回目以降は✕と△だけ復習するので、どんどん進みます。だらだら全ての問題を解くより、はるかに効率的です。そして、たくさんや△を書いてボロボロになった問題集は、試験当日、最強のお守りになるはずです。

 

せっかく一生懸命問題を解いたのに、その痕跡を残さないのは、あまりにもったいないです。後日の自分のために、解けたのかどうか、痕跡を残しておきましょう。


...続きを読む
中学生の皆さん、「暗算」計算力を身につけて数の感覚を磨きましょう!

中学生の皆さん、「暗算」計算力を身につけて数の感覚を磨きましょう!

2016/10/6 代表執筆


 算数や数学の問題を解くとき、多くの生徒は「筆算」に頼りすぎる傾向にあります。問題を読むや否や、片っ端から「筆算」に取り掛かるのです。たしかに「筆算」がきちんとできることは大事です。でも、274175(274-174なら100だから、そこから1を引いて99)15×12(154倍は60で、その3倍だから180)程度なら暗算で解けるようにしたいもの。その方が「速くて正確」だし、計算の工夫をすることで数の感覚が磨かれるからです。

 

 

 

 38×8713×38

 2万×3万=

 1111×1111

 0.625×64

 801÷9

 3997206

 25×33

 

 

 大切なのは「どう計算すれば速く正確に答えを出せるのか」ということを自分の頭で考えることです。決まった手順に則った作業である「筆算」を何回繰り返しても、応用力はもちろん計算力すら身に付きません。「まずは筆算、の癖」はつけたくないものです。

 

 

 

 

 

解答:①3800 6 1234321 40 89 4203 825

 

 

38×(8713)3800

  高さ38cmの積み木が87段と13段別々に積まれている。合わせたら100段ですね?

 

②「万倍したら次の箱!」→日本語の場合は万×万=億。億×万=兆。

英語やドイツ語なら「千倍したら次の箱!」→thousand()×thousandmillion(百万), million×thousand =billion(十億)

二兆三千五百億八十二万六千四十一円は、日本でも彼らの習慣に合わせて3桁ごとにカンマを打ち¥2,350,000,826,041と表記しますが、¥2,3500,0082,6041の方が日本人にとって読み易い、と思うのは私だけでしょうか…。

 

11×11121だし111×111123211111×11111234321です。筆算して終わりではなく、よく観察して何かに気付くことが大切です。では11111×11111=?もうお分かりですね!

 

0.6250.50.1254/81/85/8。少数のまま筆算しますか?

 

9をひとつ足して810÷9とすれば九九八十一で答えは一瞬で90。はじめに足したひとつを除けば89。筆算とどちらが速いでしょうか?

 

3997400032062006 と考えれば、(40003)(2006)420034203

 

25×3325×322525×4×82525×4100125×81000は基本中の基本です。

 


...続きを読む