コラム

ひまわり

ひまわり

2022/9/3 考える知識

 まだまだ日中は暑いものの、夜間はだいぶ涼しくなってきましたね。ひまわり畑のひまわりたちも花の季節を終え、種をぎっしりつけた頭を重そうにうつむけています。ところが、夏が過ぎても活躍し続けるひまわりがあるのをご存知ですか。そう、日本の気象衛星「ひまわり」です。

 私たちが日ごろお世話になっている天気予報は、地球の軌道上を周る「ひまわり」から送られてくるデータを元に立てられています。ひまわりは赤道上空約35800kmを地球の自転と同じ周期で回っており、いつも同じ範囲を観測できるので、台風や前線の連続観測が可能なのです。初代ひまわりは1977年から運用されており、現在はひまわり8号と9号が運用されています。メインで運用されているのが8号、8号に何かあったときの予備として待機しているのが9号、そして今年の12月には8号と9号が交代予定です。

 また「ひまわり」が宇宙から10分おきに撮影した地球の写真は、東アジア諸国に提供されているだけでなく、誰でも自由にインターネット上で見ることができます。理科で習った知識と照らし合わせながら見てみるのも面白いですよ!

...続きを読む
もすもすモスキート

もすもすモスキート

2022/8/1 考える知識

 今年もあの季節がやってきました。そう、蚊の季節です。蚊に血を吸われるとウンザリしますが、蚊は血だけを吸って生きているのではないということをご存知でしょうか。

まず、血を吸うのはメスだけです。それも主食ではなく、メスの蚊は産卵前の栄養補給のためだけに哺乳類の血を吸います。蚊が通常主食としているものは、花のミツや草の汁などです。普段はベジタリアンなんですね。

 吸血し卵巣を発達させたメスは、水面に卵を産みます。ヒトスジシマカは約80個、アカイエカなら150400個程度です。その後3日前後で「ボウフラ」と呼ばれる幼虫が生まれ、710日後には「オニボウフラ」呼ばれる(さなぎ)になります。このオニボウフラ、なんと蛹のくせに幼虫と同じくらい活発に動くんですよ。そして3日程度で私たちのよく知る成虫になります。成虫の寿命はわずか23週間で、その間に交尾と産卵をし、一生を終えます。そう考えると多少の吸血は許す気に……なりませんね、やっぱり!

...続きを読む
子どもとともに疑問を温め、「中学受験の理科」に備える

子どもとともに疑問を温め、「中学受験の理科」に備える

2022/7/5 スタッフコラム

子どもとともに疑問を温め、「中学受験の理科」に備える

進学教室ルータス 服部隆之


小学生は本来、理科好き

理科は身近な現象について学ぶ、小学生が興味を持ちやすい科目です。しかし生活が便利になり過ぎたせいでしょうか、理科を得意とする子と苦手とする子との差は広がる一方です。その差は勉強時間にも表れ、理科に関しては、得意な子ほど短時間で力を付ける傾向が見られます。得意な子は他教科にたっぷり時間をかけられるため、受験、特に中学受験においては、このことが大きなアドバンテージとなります。

そこで今回は、小学生が理科が得意な子になるための秘訣をお伝えします。

その場しのぎの学習姿勢はマイナスしか生まない

まず前提として、理科はいわゆる暗記科目ではないということ。基礎知識を覚えるのは当然ですが、目先の結果を求めて丸暗記に走っても、その記憶は長続きせず、応用力も身につきません。時間の浪費ですね。それどころか、そのような学習姿勢は後々まで大きなマイナスとなり、まさに百害あって一利なしです。

「経験的に知っている」は親子で増やそう

最も大切なのは、本格的な学習に入る前に、様々な体験を通して「経験的に知っている」ことを増やしておくことです。

例えば、「三日月はいつも夕方しか見られない」「ブランコの立ちこぎでは、こぎはじめはしゃがみ、低い位置からは立ち、元の位置に戻ったらしゃがむことを繰り返すと加速する」など(これらは中学入試で問われます)。

そして、このような知識を無理なく増やすには、やはり外遊びに勝るものはないでしょう。シーソーやブランコで遊ぶ経験は、「てこ」や「振り子」など物理分野で大いに助けとなります。また、外で遊ぶうちに動植物と触れ合う機会が増え、生物分野の知識も増えます。ちなみに、冬は木の幹に入った亀裂の中を見てみましょう。うまくすれば、小さな昆虫たちが密集して冬眠する様子を観察できます!

ただし、子どもの意識が及ぶ範囲は広くないので、外遊びだけでは限界があります。そこで普段から月や星を一緒に見る、天気予報を見る、季節と花の話題を意図的に盛り込む、家事を手伝わせる(野菜の断面図をかかせる問題も出ています)など、親が意識して誘導してほしいのです。

「保留する力」を身につけさせるのは親の胆力

さらに大切なこととして「保留する力」があります。詳しく言うと、「疑問がすぐに解決しなくても、疑問として持ち続けたまま先に進む力」です。「電車の中でジャンプをしてもなぜ元の位置に着地するのか」「走る車から外を見ると近くの景色は飛ぶように後方へ流れて行くのに、なぜ月はついてくるのか」など、大人は知っていると済ませがちでも、子どもは大いに疑問に思うことが日常体験の中にあるはずです。このような疑問を温めたまま理科の学習に入れたなら、「なるほど!」「ああ、そういうことか!」と素直に感動できますし、これから先も長年の疑問が解決するのではないかとワクワクする気持ちも芽生えます。こうなれば、子どもは能動的に取り組むようになるでしょう。 そのためにも、子どもが疑問を持ったときに、親がすぐに理屈で説明するのは控えてください。なぜなら、「疑問はすぐに解決されるべきだ」という意識が強まり、頭を使おうとしなくなるからです。一問一答形式の問題が減り、その場で考えることを要求する昨今の入試への対応も難しくなります。むしろ、すぐには解決できないこともあるのだと伝えることこそ親の役割なのではないでしょうか。

卵のように疑問を温める

繰り返しになりますが、理科を得意とするか否かで他教科にも大きな影響が出ます。親の胆力を発揮し、子どもと共に疑問を温めましょう。それこそがわが子の学力を後押しする秘訣なのです。

2022年7月浦安新聞掲載)


...続きを読む
家族生物

家族生物

2022/7/4 考える知識

 生物の分類をするときに、「科」というグループ分けが存在します。英語で言うとfamily】、つまり「家族」と同じです。カボチャとメロンはウリ科、キツネやタヌキはイヌと同じイヌ科……といった具合に、共通の近しい祖先を持った者同士を同じ科としてまとめているのです。

同じ科の生物同士は似た特徴を持つことが多いのですが、中には言われなければ同じ科だとは思わないものもあります。たとえば、バラ科。バラはもちろんとして、イチゴやサクラ、モモ、ビワ、リンゴ、カリン、アーモンドなどもバラ科の植物です。今あげた植物はすべて身近なものではありますが、草花であったり低木であったり高木であったり、生えている様子は様々。利用の仕方(どこを食べるかなど)も様々です。バラ科だけにバラバラ……ということ!?

...続きを読む
江戸時代のトイレ事情

江戸時代のトイレ事情

2022/6/6 考える知識

 外国人観光客へ「日本のどこに驚いたか」と尋ねると「トイレのハイテク具合に驚いた」と答える人が結構な割合でいらっしゃいます。私たちには当たり前でも、完全自動水洗機能にウォシュレット、流せる紙などがすべて揃ったトイレがいたるところにあるというのは、世界的にみても珍しいのです。日本は「トイレ先進国」なわけですが、これは今に始まった話ではなく、江戸時代にはすでに世界的に見ても高度なトイレの仕組みがあったとご存知でしょうか?

 江戸時代の日本のトイレは主にくみ取り式で、排せつ物は肥料として重宝されました。農家の人や「下肥え買い」という専門業者が「肥料に使うから汲み取らせて!」と言って、お金や野菜などを支払ってご近所のトイレまでくみ取りに来るのです。

排せつ物が肥料となり野菜が育つ→野菜と交換で排せつ物を回収する→また排せつ物が肥料となり野菜が育つ……という、まさにムダのないリサイクル。同時代のヨーロッパではおまる(﹅﹅﹅)に貯めた排せつ物を窓の外に投げ捨てるのが当たり前だったと言いますから、当時から日本がトイレ先進国であったのは間違いありません。

 ここでは紹介しきれなかったトイレットペーパーやウォシュレットなども、「当たり前」と思わずに歴史を調べてみると面白いかも!?

...続きを読む
夏も近づく八十八夜

夏も近づく八十八夜

2022/5/9 考える知識

 ♪夏も近づく八十八夜……小学校で合唱した人もいるのではないでしょうか。初夏に見られる茶畑の様子を唄った「茶摘み」の唄い出しです。ところで、この歌詞に出てくる八十八夜とはなんでしょうか?

 八十八夜とは、立春から数えて88日目のこと。平年なら52日、閏年なら51日になります。なぜ茶摘みと関係があるのかというと、「八十八夜の別れ霜」「八十八夜の泣き霜」とも言われるように、春・初夏のぽかぽか陽気から一転、遅霜が発生しやすく、茶葉をはじめとする農作物に霜害がでやすい時期だからです。昔の日本は「太陰暦」といって季節と日付が最大半月もずれてしまうカレンダーを使っていたので、農家の人々がうっかり霜害対策を忘れないように生まれた日本独自の雑節というわけですね。

反面、八十八夜に摘んだ茶葉は上等品とされたり、八十八夜に茶を飲むと長生きするとされたりしています。今年の八十八夜はお茶を楽しんでみては?

...続きを読む
タンポポ

タンポポ

2022/4/4 考える知識

 だんだん暖かい日が増えてきて、そこかしこであの可愛らしい花を見かけるようになりました。そう、タンポポです。ところで、日本で見られるタンポポにも種類があるとご存知ですか?

古くから日本に自生している在来種には、カントウタンポポやカンサイタンポポ、シロバナタンポポなどがあります。それに対し明治以降に外国から持ち込まれた外来種は、セイヨウタンポポやアカミタンポポなどです。在来種は外来種に比べると、開花時期が春の短い期間に限られ種子の数も少ないため、近年ではどんどん数が減っています。近年都会で見られるタンポポのほとんどは、セイヨウタンポポです。「総苞(花の基部を包んでいる緑の部分)の反り返っているものが外来種で、反り返っていないものが在来種」「花にボリュームのある方がセイヨウタンポポ、控えめなのがカントウタンポポ」という方法で見分けがつきます。近所のタンポポを観察して確認してみるのも良いですね。

...続きを読む
「国語力が育つ畑」に肥えた土を!

「国語力が育つ畑」に肥えた土を!

2022/3/15 スタッフコラム 代表執筆

「国語力が育つ畑」に肥えた土を!

進学教室ルータス 代表 山根克宏


 お子さんの国語の成績や勉強方法で悩んでいる方はいらっしゃいませんか?もしそうでしたら、いえ、そうでなくても、私の話を聞いてみてください。お役に立てることがあるかもしれません。

しみじみとしたコミュニケーションを図る力

 そもそも国語力とは何でしょう?さまざまな意見があるでしょうが、私は「日本語を介して、深く正確な、時にしみじみとしたコミュニケーションを図る力」と考えています。国語力は、人間関係を築いていくうえで欠かせないものなのです。

「国語力が育つ畑」とは

 さて、本題です。わが子の国語力を伸ばすにはどうすればいいか?読書や音読という鉄板ルートにはあえて触れずに、親だからこそできる三つの方法をご紹介します。

 第一に「親子の会話は国語力が育つ畑」と心得ることです。低学年のうちは「なぞなぞ」や「しりとり」で遊びましょう。言葉に対する感覚が鋭くなります。また、「例えば、どんな本?」「つまり、何が悔しかったの?」などと優しく問い掛けてみてください。相手に伝わり易い言い回しを工夫するようになります。ダジャレや比喩表現、皮肉っぽい言い方などを使ってみせることも、お子さんが表現の幅を広げる手助けになるはずです。畑を耕すような気持ちでお子さんと会話をしましょう。

 第二に「漫画やドラマなどによる擬似体験」を積ませることです。NHKの朝ドラや大河ドラマを家族そろって観ていて、お父さんが感涙にむせんでしまったとします。子どもは驚き、「あれっ、悲しい場面じゃないのになんで?」となるでしょう。あるいは、戦時中のひもじい食生活を知り、「こんな大変な時代があったのか……」と心を痛めるかもしれない。こんな経験を重ねるうちに、感受性が豊かになり、人情の機微もわかるようになってきます。畑に水を撒くように、子どもの心に潤いを与えましょう。

 第三に「子どもを塾に預け、中学受験に挑ませる」ことです。小4からの数年間は思考力を伸ばしやすい時期で、「勉強のゴールデンエイジ」と呼ばれます。この機を逃さず、中学受験に挑戦させて欲しいと思います。漢字をきちんと覚えることは基本中の基本で、ここを御座なりにしてはいけません。「駅に行く」のエキは音読み。「見当をつける」と「検討する」は同音異義語。「理性」の対義語は「感情」で、「本能」ではない。これらのことを、理由まで含めて教えている塾なら信頼できるはずです。また、「後ろめたい」「葛藤」「奥ゆかしい」「慈しむ」「風情」など、要求される語彙においてもハードです。さらに物語文の読解において差がつくのは、「主人公にふりかかる困難や悩み」と「それを克服する前後での心情変化」を記述させる問題です。固定観念や主観をいったん脇に置いて、視点を高いところに移して読み取りたいところですが、精神的に幼いタイプにはこれがなかなか難しい……このように、中学受験の内容は大人顔負けの難しさですが、子どもたちは志望校への憧れを胸に、傷ついたり誇りを感じたりしながら立ち向かっていきます。なにより、小学生のうちに優れた随筆や論説文に触れる経験はかけがえのない財産となるはずです。塾は上流の肥えた土をそれぞれの畑まで運ぶ川の役目を果たします。

人間的成長や教養に寄り添って磨かれていく

 素直な気持ちで話が聞けて、人を勇気づける言葉を持った人間に育って欲しい。そんな親の願いが子どもの国語力の源なのではないでしょうか。

 国語力とは、人間的成長や教養に寄り添って磨かれていくものであり、自分らしい未来を切り拓く力です。目先の成績にとらわれ過ぎず、周りの大人たちが大切に育んでいかねばなりません。

2022年3月浦安新聞掲載)

...続きを読む
伝記

伝記

2022/3/14 考える知識

皆さん、偉人の生い立ちや功績を記録した「伝記」を読んだことはありますか? 親子や友だちの間だけでは知り得ない様々な人々の生き方や、偉人たちの意外な弱い一面などを知り、本を通して一種の先行体験を得られるのが伝記の魅力です。今回は出版社さんの売れ筋ランキングを元におすすめの伝記を紹介します。

 まず、長年ランキング上位に入っているのは、身のまわりのたくさんの疑問にひとつずつ自分の答えを見つけていった「エジソン」。彼が「世紀の天才発明家」と呼ばれるようになるまでの軌跡をたどることができます。女の子には、まわりに反対されながらも看護師を志した「ナイチンゲール」も根強い人気です。戦場の病院でさまざまな問題をのりこえ、傷ついた人々のための本当の看護について考えていく様子が描かれています。最近では、現在放送中の大河ドラマ「鎌倉殿の13人」に合わせ、承久の乱で朝廷軍を打ち破り日本の武士の世を確立させた「北条義時」も流行りのようです。ドラマをより深く理解するために伝記で予習するのも良いですね。

 また、オーソドックスな伝記ではありませんが、偉人の「ダメ人間エピソード」をたくさん収録した本などもありますよ。ときにはクスリと笑えるような失敗からも、大いに学ばせてもらいましょう!

...続きを読む
乳牛の一生

乳牛の一生

2022/2/14 代表執筆

 良質なタンパク質やカルシウムなどの栄養を豊富に含み、料理や菓子の材料としても活躍してくれる牛乳。そんな牛乳は当然、「乳牛」からとれますが、皆さんは乳牛についてどのくらいご存知ですか? 今回は乳牛の一生についてのお話です。

 まず、乳牛は子牛を生んで初めて牛乳を生産するようになります。そのため、牝牛が多く生まれるように機械を使って産み分けがされており、その精度は9割以上だそうです。そうして生まれた牝牛は大人になるとすぐに(生まれてから14か月くらいで)人工授精させられます。牛の妊娠期間は約10か月ですから、産まれてから2年位で乳を出すようになるということですね。

出産した牛はその後約300日を搾乳期とし、毎日搾乳します。その途中でも出産後約60日のタイミングで次の種付けをし、大体1年に1回出産するようにします。そして搾乳期が終わったら、次の分娩に備えて約60日間休ませます。一頭の乳牛はこのサイクルを34回繰り返し、その役目を終えます。このように牛が妊娠・出産を繰り返すことで、私たちは1年中牛乳を飲めるのです。そう考えると、牛に対して少し後ろめたいような申し訳ないような気がしてきます。牛への感謝を忘れずにいたいですね。

...続きを読む